VM2020はコロナウイルスの影響を受けない―ケタピ観光・芸術・文化大臣

Updated: Mar 18

 マレーシア政府は28日、100人以上の命を奪った新型コロナウィルスの流行による同国が推進しているキャンペーン「Visit Malaysia 2020(VM2020)」への影響はない、と自信をのぞかせた。


 モハマディン・ケタピ 観光・芸術・文化大臣 は、「2020年末までに3000万人の来客を見込んでいる。中国武漢市発の新型ウイルスによる影響は最小限にとどめられるだろう。いかなる状況でも目標を確実に達成するための戦略は整っている」と述べ、過去に流行したSARSやMERSに対応した経験を例に挙げ、目標達成に対する意欲を示した。


 同国における新型ウィルスの発症例は現在4件で、発症者はすべて中国国籍に限り、マレーシア人の感染は確認されていない。同氏は、「現在、同国のあらゆる入国ポイントが厳重に監視されている。発症している疑いのある旅行者に対しては直ちに検査を実施。罹患者であれば隔離され、すぐに治療を施しており、当局が状況を確実にコントロールするために必要な措置を講じている」と主張した。

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.