ATM、通常稼働へ

 政府は31日、銀行業務やATMサービスの稼働を6月1日から、政府による移動制限制限措置前の通常の営業時間に戻すことを認めると発表した。


 イスマイル・サブリ・ヤーコブ上級相(兼防衛相)は31日の定例記者会見で、ATMの稼働時間が朝の8時から夜の8時に限られていることを受けての決定と述べ、営業に際しては「人と人との距離を、少なくとも1メートルは取ることが必要」と注意を促した。


 また、新型ウィルスへの感染の連鎖を断ち切るための政府の取り組みを支援するよう、広く協力を求め、各個人情報をQRコードを使って登録する新型コロナウィルスの情報検索アプリ、“マイセジャテラ(MySejahtera)”のダウンロードを呼び掛けている。


 同相は、「このアプリが新型ウィルス感染拡大をコントロール、管理し、国の経済を再び始動させていくためにも、“マイセジャテラ・チェックイン”の導入を積極的に行っていく」と述べた。


 この“マイセジャテラ・チェックイン”は6月2日以降、イオン(AEON)の3店舗で利用することが可能。このアプリには、31日現在、77万216件の登録情報と、92万9276件の健康情報が登録されているという。


 このアプリのダウンロードに関しては、Gelaeri Aplikasi Mudah Alih Kerajaan Malaysia(Gamma)、Apple社のアップストア(App Store)、グーグル・プレイ・ストア(Google Play store)、ファーウェイのアップ・ギャラリー(AppGallery)などから可能。(ザ・サン・デイリー/5月31日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.