首相府の決定に従う:AMANAHズルキフリ氏

Updated: Mar 18

 首相府戦略ディレクターのズルキフリ・アハマド氏は24日、国民信任党(AMANAH)は、パカタン・ハラパン(PH)首相府の決定に従うと発表した。


 保健省も兼任する同氏は24日、医療関係者向けのキャンペーン、国家疲労管理啓発セミナーの開催後、記者団に対し「この国の政治情勢の再編に関する、国王による決定と命令を待つのが適切だ」と述べ、「PHである首相府が下した決定を堅持することが重要」と強調した。同氏は人民正義党(PKR)党首のアンワル・イブラヒム氏の国王との謁見を承知するも、詳細は明らかにしなかった。


 このキャンペーンセミナーには同党副総裁のマフズ・オマール氏も出席。人事相も兼任するマフズ氏は「ズルキフリ氏の考えを共有している」という姿勢を示したうえで、「マハティール氏の決断を受け入れる」と述べた。


 同氏は国の政治再編について話し合ったとされているPPBM、PAS、UMNOら3党の会議には招かれなかったと説明した。(ベルナマ/2月24日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.