観光客に更なる制限:サバ州

Updated: Mar 18

 サバ州は、この新型コロナウィルスのまん延を防ぐため、外国人だけでなく、マレーシア人に対しても更なる旅行制限を課す。


 同省の声明によると、州政府は7日から、空路、海路、陸路全ての入国地点において旅行制限を拡大する。▽過去14日以内に中国本土への渡航歴を持つ全ての外国人に対する州への立ち入りを禁止▽過去14日間に中国本土へ旅行歴のあるサバ州の非居住者(マレーシア人も含む)の州への立ち入りを禁止▽サバハン(サバ州居住者)、永住者、雇用ビザを持つ住民、学生ビザ、長期滞在ビザなどの保有者を含む全ての中国本土から帰国した人は14日間の強制検疫の対象となる▽中国本土を出発、または通過する全ての乗客の入国禁止、など。


 声明はまた、現在サバ州に滞在している中国人に対し、ビザの有効期限が切れる前に出国するよう勧告した。また、有効期限が切れた場合は、最長7日間のビザ延長が1回に限り許可されるという。


 州政府は先月30日から、状況が改善するまで中国からサバ州への定期便とチャーター便の発着を一時停止にしている。(FMTニュース、2月7日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.