第3フェーズ 一部セクターの事業運営が再開

 15日から施行された移動制限令(MCO)の第3フェーズは、“必要不可欠なサービス”として指定された産業は第2フェーズの10業種から15業種となり、事業を再開する。


 アダム・ババ保健相の署名入りで発表された最新の官報によると、必要不可欠なサービスとして認定された業種は下記の通り。


1. 食品

2. 栄養補助食品を含むヘルスケアと医療

3.

4. エネルギー

5. セキュリティと防衛

6. 固形廃棄物と公衆衛生管理と下水道処理

7. 陸路、水路、空路による輸送

8. 船荷の積み下ろし、はしけ(バージ)運送、荷役、操縦(水先案内)、商品(一次産品)の保管またはバルキングなどを含む港湾、埠頭および空港におけるサービスや事業

9. コミュニケーションとインターネット

10. 銀行、金融

11. eコマース

12. 燃料および潤滑油の製造、精製、貯蔵、供給、流通

13. ホテルと宿泊施設

14. サービス、仕事、または産業を規制する当局との協議後、大臣が不可欠と認定したサービス、仕事、または産業

15. 必要不可欠なサービスの提供に限定されたロジスティクス


 本規制の第1フェーズでは22の業種が不可欠としてリストに挙げられたが、第2フェーズでは削除された。


  4月14日付けで発行された最新の官報「感染症の予防と管理(感染地域内における対策)(No.3)条例2020」による感染地域内において、人の移動が許されるのは下記の場合のみ。


1. 食品や医薬品、栄養補助食品、または日用品の購入

2. 食品や医薬品、栄養補助食品、または日用品の供給や配送

3. ヘルスケアや医療サービスへの受診

4. 1または3のサービス以外の不可欠なサービスの調達

5. 公務の遂行

6. 必要不可欠なサービスの提供、またはそれに関連した職務の遂行


 引き続き、人の移動は、特別な事情を除いて、各々の家から半径10キロ以内に制限される。また本規制に違反した場合、最高1000リンギの罰金に処されるか、6か月以内の禁錮刑、もしくはその両罰となる。


 また海外からの帰国者については、マレーシアに到着後、入国審査を通過する前に、健康診断を受ける必要がある。(ベルナマ、ニュー・ストレート・タイムズ/4月15日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.