移動制限令、違反者に罰金か拘留

 マレーシア政府は18日付の官報で、移動制限令を順守しないものに対して、1,000リンギ以下の罰金か6カ月以下の拘留、もしくは、その両刑に処する旨を告示した。


 アダム・ババ保険大臣が権限を有する「感染症の予防管理規定2020(感染地域内の対策)」と題した声明によると、違反がディレクターやマネージャー、秘書など個人によるものか、もしくは企業や機関などのグループによるものかを精査し、個別、もしくは、その団体にそれぞれ罰金を請求することができるとしている。また、被告側は、違反を認知していたかどうか、また、このような違反をしないためのあらゆる手段と努力を行ったかどうかを証明しなければならないことにも言及している。


 連邦官報は、新型ウィルスの世界的流行を抑制するため、ムヒディン首相が3月18日から3月31日までの移動制限措置の発令した後に、司法長官により作成された。(ザ・スター、/3月18日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.