新型コロナウィルス感染者、マレーシア国内で新たに3人目;累計7人の感染確認

Updated: Mar 18

 マレーシア国内における新型コロナウィルス発症件数が新たに3人、報告された。国内発症例はこれで7人にのぼる。


 ヒシャム・アブドラ保健省所長の声明によると、これまで7人の発症例はすべて中国人国籍を保有しているという。


 今回の発症例に関しては、ランカウイ州のスルタナ・マリハ病院の隔離病棟にいる4歳の子供、また、ジョホールバルのスルタナ・アミナ病院の隔離病棟では52歳の男性、またスンガイ・ブロー病院にて女性がともに治療を受けている。この女性は、最初の検査では陰性だったが、子供2人が検査で陽性となり、治療に付き添っていた。


 アブドラ氏は、現在検査の結果待ちが1件あるとし、保健省は症例発症に対する準備と対応を迅速かつ効率的に行う、と述べた。(ベルナマ、1月29日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.