政府、ペナン・ヒルのケーブルカー計画を中止

 チョー・コン・ヨーペナン州首相は2日、連邦政府より、1億リンギ相当のペナン・ヒルのケーブルカー計画を中止する旨の通知を受け取ったと発表した。


 同州首相は、自身のソーシャルメディア上での定例会見で、「政府の決定に失望している。今回の中止はブギ・バンデラ開発計画の継続だけでなく、ペナンの経済全般に影響を及ぼすことになる」と言及。また「新型ウィルスのパンデミックによる現在の経済状況では、こうした公共インフラのプロジェクトが地域市場を活性化させ、雇用機会の創出を生み、同州の経済開発への波及効果となる」と述べた。


 ペナン・ヒルにおける観光事業の拡大を目的としたこのケーブルカー・プロジェクトは、リム・グアン・エン前財務相によって提出され、2020年度予算案で発表された。本計画の予備調査は現在も進行中で、年後半には完了する予定だという。収集したデータについて同首相は「今後のために保管する」とし、連邦政府とも今回のプロジェクトの中止に関して引き続き協議していくと言及した。


 また、「政府はパンデミックの影響で直面している経済問題を考慮して、州への予算配分を認めるべきだ。事前に何の議論も交わさず、ペナンジティーズ(ペナン住民)への説明もなく、政府は予算配分を停止した。まるで我々に罰を与えているかのようだ」と言及した。(ニュー・ストレート・タイムズ/6月2日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.