マハティール氏、PPBM総裁に復帰

Updated: Mar 18

 マハティール暫定首相は、PPBM総裁を辞任した数日後に、党の同じポジションへの復帰に同意した。


 同党のマルズキ・ヤヒヤ幹事長は、「暫定首相は27日に行われたこの問題に対する広範囲にわたる議論後に決断を下し、直ちに職務復帰することで合意した」と述べた。


 マハティール氏は24日、政治工作を通じて首相とPPBM党首の辞任を表明。また同党は連立与党から離脱、加えてPKR議員11名も離党した。その後、国王はマハティール氏を暫定首相として首相に再任。翌25日に、PPBM党はマハティール氏の総裁辞任を全会一致で否認することを決定した。


 マルズキ氏は27日午前、マハティール氏へPPBM総裁への再就任を求めるために同氏と会談していた。(ザ・サン・デイリー/2月27日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.