フランス、マレーシアから不法廃棄物コンテナ43個を回収

Updated: Mar 18

 マレーシア政府は1月20日、フランスとの共同声明で、違法プラスチックコンテナ43箱をフランスへ返送したと発表した。


 中国がプラスチック廃棄物の輸入を禁止したことで、年間700万トン以上のごみの流れが途絶えたことから、昨年マレーシアが世界のプラスチック廃棄物の主要な行き先となった。

世界の新しい埋め立て地になることを拒否した同国は、複数のコンテナ、特にフランスへの返還を発表。同声明によると、コンテナの出荷を担当した企業の詳細は明かされなかったものの、19万2,000ユーロ(864,000リンギ)の罰金を科せられた。


 マレーシアは過去8か月間に、米国、英国、日本、カナダを含む150ものプラスチックごみコンテナを各国に返還。マレーシア当局は昨年11月、英国から違法に運ばれてきたプラスチック廃棄物コンテナ42箱を英国が回収した、と述べた。(ロイター、1月20日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.