ショッピングモールに子供を連れて行かないで:イスマイル氏

 イスマイル・サブリ・ヤーコブ防衛相は11日の定例記者会見で、子供の安全と健康を守るため、保護者が子供を公共の場所やショッピングモールなどに連れて行かないよう勧める、と述べた。


 同相は、現時点の伝染病予防管理法(第342条)では、子供を連れだすことは制限されず、違法ではないが、保護者は子供に対する安全と健康への責任を負う義務があることに言及。そのうえで、現行の条件付き移動制限令(CMCO)下で、多くの保護者がスーパーマーケットや混雑した場所に子供を連れ立って出かけていることに対し、もし保護者がこのアドバイスを無視し続けるならば、政府として、保護者が子供をそのような場所へ連れ出す行為を違法と判断する対応に迫られる必要が出てくるかもしれないと述べた。(ザ・スター/5月11日)

© スダマカンマレーシア情報. For Your Media, Corp. All rights reserved.